読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

でそぶろ

Desora's Blog. UltraStreetFighter4とかiOS/AndroidのGameとかTravel photography.

旅で人生観は変わるけど、有名観光地見ただけで変わるのは人生観じゃないじゃろ

最近話題になった はあちゅうさんの記事のこと。

lineblog.me


この記事について、批判的な意見が多いけど、よくよく読んで見ると

別にエアーズロック見ても
ピラミッド見ても
モルジブの海見ても
モアイ像見ても、
マチュピチュ行っても、
ウユニ塩湖見ても、
ガンジス川に飛び込んでも、

「感動」はするけれど
人生観がそこまで変わったりはしません。

 

はあちゅうさんが例として上げてるのは、有名で写真写りがいい世界遺産を見に行く旅行のことだった。そりゃこんな有名な世界遺産みたいなところは観光地だし、ガチのバックパッカー的な感覚であれば「ネットで見たことある有名な場所に来たけど観光料金高すぎだよなー」ぐらいの感想しかないだろう。

 

もちろん、そういう有名な場所に自分も行きたいけど。結局、観光地化されてるし、誰でも気軽に満足できるように周辺の交通とか道とか直されてるから、コンテンツを消費するような感じだよね。タイトルの煽りだけで話題になる時代だなぁ。

 

旅が本当に好きで、それを仕事にしている人を見下すような気持ちは全然なくて、ちゃんと最後まで読んでもらえたら伝わると思うんだけどなー…。毎度のことだけど、タイトルだけしか読まない人が多いですね…(●´ω`●)

http://lineblog.me/ha_chu/archives/56982658.html

 

ただし…

わしの旅は違う…!

人生観は…変わるんじゃ…


ほら…週末に往復1万円のチケットで海外旅行を楽しめるならどうだ?

もし成功したら、わしの人生は、もっと気軽に海外旅行が出来るようになる。

それは、人生観が変わるということではないじゃろうか。

 

keike-desora.hatenablog.com

 

次回、往復一万円の海外旅行チケットを衝動買いしてたので週末一人で武漢に行ってきた話 ~後編~

武漢のゲーセンに行ってみた(往復一万円の海外旅行チケットを衝動買いしてたので週末一人で武漢に行ってきた話番外編)

武漢旅行記番外編。海外のゲームセンターやゲームショップ巡り、あとはスマホゲームをやってる人がいたら何をやってるのかチェックするのが趣味なので、一応今回の写真も。

 

f:id:keike-desora:20160319161126j:plain

f:id:keike-desora:20160319161132j:plain

↑電玩城と書いてあるのがゲーセン。

 

f:id:keike-desora:20160319200034j:plain

謎のカジノゲーム?っぽいのが20台ぐらい並んでた・・・

 

f:id:keike-desora:20160319200044j:plain

スト4発見!と思ったら、中身は胡散臭いタイトルが・・・

 

f:id:keike-desora:20160319200049j:plain

しかもよく見たらレバーない。中国ではよくあること。

今回行ったゲーセンは格ゲーは流行ってそうではなかった。

 

 

f:id:keike-desora:20160319191834j:plain

ちなみにネカフェはこんな感じ。

LOLっぽいゲームをみんな大きめのモニターでやってた。

というか、この街、金持ち多そうだなぁ・・・。ゲーム筐体もPCも装飾も綺麗。

 

 

 本編はこちら

keike-desora.hatenablog.com

 

往復一万円の海外旅行チケットを衝動買いしてたので週末一人で武漢に行ってきた話 ~前編~

f:id:keike-desora:20160118000836g:plain

↑これ。


3月19日~21日なら3連休ということで、この3連休に武漢に行ってきました。片道100円って書いてあるけど、3連休だったからか、片道5000円でした。それでも安いのでとりあえず即買いしたけど。

重慶は行ったことがあったので武漢で。

f:id:keike-desora:20160322001227j:plain


2泊3日だったし、一人旅だし。荷物は、ポケモンとパスポートぐらいで十分なんじゃないかと思ったんだけど、悩みぬいた結果、写真に写ってるもの以外には、長袖・パンツ・靴下を2枚ずつ、あとはiPadとカメラを持って行った。カメラはRICOHのGR、ただし、充電器を無くしてしまって、電池残量ほぼ0だった。

f:id:keike-desora:20160319061619j:plain

朝6時前出発ということで、寝たら起きられる気がしなかったので、徹夜して朝から成田へ。

 

f:id:keike-desora:20160319080842j:plain

成田の第2ターミナルの隣に第3ターミナルというのが出来ていて、LCC格安航空券の飛行機はだいたいここから飛んでいる。今回の春秋航空も、前までは茨城か高知からしか飛んでなかったのに、成田から飛べるなんて画期的だなー。

飛行機の中では熟睡して、4時間ほどすると武漢に到着。武漢国際空港のATMでクレジットカードを使って中国元をキャッシングしようと思ってたんだけど、武漢国際空港にはATMが無かった。まぁちょっと歩いたらあるんだろうけど、日本円を持ってたので両替所で中国元に変えて、外に出てみると、エアポートバスっぽいのが止まってた。

バスの前にいた人に「このバスどこ行くんや?(ジェィガーチューナー?)」って聞いてみたら、よくわからん地名が返ってきた。ぶっちゃけ。何も調べてないし、地名で言われてもわからん。

「いくらや?(ドゥオシャオチエン?)
」って聞いてみると、32元とのことだったので、まぁ普通に考えて武漢の中心街行きのエアポートバスだろうということで乗り込んだ。既に満席で、自分の椅子はなかったけど、昇降口の階段に座った。

f:id:keike-desora:20160322013617j:plain


30~40分ほど経って、バスから降りると、予想通り中心街っぽいところだった。まずは宿探し。まだ昼の14時だから焦る必要はないが、寝不足なので、とりあえず宿を確保しとこうと思い、宿を探したが、3件は満室だった。4件目でようやく泊まれるところが見つかった。

受け付けの人に「どんな部屋か見せて(ファン、カンイカン)」
と言うと、「別にたいしたことないよ」みたいな返事が来て、部屋を見せてくれなかったので、なかなか怪しかったが、何は普通だった。シャワー・トイレ・テレビ・Wifiがあって、この日は260元(4500円)ぐらい。ちなみに、翌日も同じ部屋に泊まったが、翌日は160元(2800円)だった。土曜日と日曜日で値段が違うんだろう。

あと、実は、中国はチェーンホテルや四つ星以上ぐらいのホテルじゃないと、日本人は泊まれないということになっていたはず。でももちろん実際は泊まれて、この日も領収書には中国パスポートを見せたということになっていた。

f:id:keike-desora:20160319153804j:plain


宿も確保できたことだし。昼飯を探しに行く。

f:id:keike-desora:20160319155137j:plain


宿の近くにあったラーメン屋さん。
店も綺麗だし良さそう。

f:id:keike-desora:20160319155535j:plain

「牛肉拌麺(牛肉入りまぜそば)くれや(ヤオニウロウバンメン)」

ラーメンもあったけど、ラーメンのスープに関しては日本のラーメン屋の方が基本的には美味しいと思ってるので、拌麺を頼む。定食系に関しても、白ご飯は日本の方が美味しい。もちろん例外もある。

腹ごしらえが済んだので街歩き。来た時のエアポートバスで通った道にあった観光地っぽい場所や、道にある看板を見て進むと、武漢の観光地はいろいろ回れた。

 

f:id:keike-desora:20160319183836j:plain

武漢の有名な観光地(名前はしらん)
着いた時間が遅くて入れなかった。



f:id:keike-desora:20160319181712j:plain

武漢の有名な観光地(名前はしらん)
着いた時間が遅くて入れなかった。



f:id:keike-desora:20160319182825j:plain

武漢の有名な観光地(名前はしらん)
着いた時間が遅くて入れなかった。


閉まってる門をガンガン揺すって、檻に閉じ込められたゾンビごっこをやってからその場を後にした。観光地なんて興味ないし・・・ぐすん・・・。


f:id:keike-desora:20160319184051j:plain
有名な観光地の近くの猿回し。

f:id:keike-desora:20160319182730j:plain

有名な観光地の近くの老街。

f:id:keike-desora:20160319184144j:plain

露天。

f:id:keike-desora:20160319184205j:plain

露天2。

f:id:keike-desora:20160319185138j:plain
長江大橋。

f:id:keike-desora:20160319185002j:plain

長江大橋から見える武漢の町並み。

f:id:keike-desora:20160319185247j:plain

長江大橋から下の道を覗きこむとこんな感じ。武漢の交通。


f:id:keike-desora:20160319185531j:plain
最初は平気だったけど、長江大橋の真ん中ぐらいまで来て、この角度から長江大橋を見ると、高すぎて足がすくんだ。


f:id:keike-desora:20160319205937j:plain

そんな感じで、暗くなってきたので、スーパーに寄ってから宿へ。ビールの飲み比べでもしようと思って、いろんなビールを買った。

 

f:id:keike-desora:20160319210503j:plain

武漢では鴨の肉が有名という話は聞いていた。ここはおそらく鴨の肉屋。


f:id:keike-desora:20160319210558j:plain

鴨の頭だこれ・・・

f:id:keike-desora:20160319212416j:plain

そんなわけで、宿でビールを飲みながら

 

f:id:keike-desora:20160319213054j:plain

鴨の頭をかじる。
割り箸ではない、ビニール手袋で食べるのだ。
むしゃり・・・むしゃり・・・。

普通に美味い。


そんな海外格安週末一人旅の初日でした。

いやー、堪能した。

 

 

後編、ムーラン山・山篭り編に続きます。

イケアで人気のKIVIK/シーヴィクソファーを組み立ててみたレビュー

最近、引っ越しとかでバタバタしてます。まだ全然部屋の片付け終わってない。

f:id:keike-desora:20160213192911j:plain


引っ越しついでに、買ったことのないお洒落な家具を買ってみようってことでイケアへ。イケアに行っての買い物は新鮮すぎた。


何が新鮮かって、家具はこれまでは、楽天とかヤフオクで適当にポチってただけだし、こういう手順だった。

1. 楽天ヤフオクでポチっ
2. 部屋に届く

それがイケアの場合は、下の5工程に変わる。

1. 荷物運ぶのに良さそうなデカい車をレンタルする(車持ってないし)
2. 高速乗って千葉とかに行く(東京にはデカい店舗ない)
3. 店舗で歩きまわって家具選び
4. 買った物を車に運んで持ち帰る
5. 部屋に運んで組み立て



それで今回解った。素人はイケアで買ってはいけない
もう一度、言っておく。素人はイケアで買ってはいけない

 

f:id:keike-desora:20160211181230j:plain


今回買ったのはこれ。

シーヴィク 2人掛けソファフレーム
シーヴィク 寝椅子フレーム

あと、ソファーカバーはイースンダベージュ。

ついでにこのソファーに合いそうな小さい机と、下に敷くための絨毯。
これもなかなか良い値段。

f:id:keike-desora:20160211194707j:plain


さらに、フィギュアとか高級な酒とかを飾るデトルフというガラスキャビネットも買った。これは2個セットで色は白と黒があった。
f:id:keike-desora:20160211195043j:plain

この時点で気づくべきだった。
この日買ったものの総重量、150kg
そして、バカでかい

無理やりライトバンに乗せたけど、はっきり言って厳しかった
シーヴィクソファー2人掛け+寝椅子を買うならトラックと台車2台が必要
さらに、一人では車に入れたり部屋に入れる時絶望的だから男2人で行った方が良い。

f:id:keike-desora:20160221162322j:plain

2人掛けソファーフレーム(寝椅子)のフレームだけでこのサイズ。このダンボールは部屋に運ぶのだけで超大変だった。台車2台に乗せて運ばないと動かせないレベル。

さらに、ダンボールを開けるだけで一苦労。

ソファのマットなどが入っている一番大きなダンボールは、成人男性が入って横になって寝れるサイズで、ダンボールハウスごっこが楽しめる。これはある意味オススメ。

組み立ては難しくはない。ただし、時間はかかる。ネットでは1時間で組み立てられるとか書いてた人もいたけど、やったことのない初心者なら普通に3時間はかかるだろう。説明書はいろんな言語に対応してるように見せかけて、実は文が全然ない。イラストだけで組み立て方を説明してる。

f:id:keike-desora:20160221173513j:plain
まずはソファーマットにカバーをかけていく。
マジめんどくさい

f:id:keike-desora:20160221184507j:plain

カバーをかけたそれぞれのパーツを組み合わせていく。

カバーを全面に隈なくかけたりするために、一個一個のパーツをグルグル回したりしないといけない。一番デカいソファ下のフレームパーツとかも他のパーツと組み合わせたりカバーつけないといけないから、反対にしたり横にしたり、これがなかなかの重労働。


f:id:keike-desora:20160221200458j:plain

なんとか完成。窓際の肘掛け部分は普通に設置すると押入れのドアが開かなくなるので他のパーツと分離させてある(長さちゃんと事前に調べるべき)

部屋にソファーと絨毯気に入った!

結論。
IKEAのソファーを車で買うのは素人にはオススメできない。
 →マッスル系リア充向け

・かと言って、代行業者に頼むのも高くつくしどうなの?
・完成したら嬉しいし愛着がわく


f:id:keike-desora:20160211201400j:plain
余談だけど、プロジェクターを活用したこの広告方法すごいね。
(イケアの壁に椅子とテーブルが固定されてて、そのテーブルにプロジェクターで文字を映してる)

スト5クローズ第4回βテストをやってみたんじゃ。今後の行く末は・・・

スト5のβテストがまた始まってたから触ってみたんじゃ。

もう、自分もβテスト3回ぐらい参加してるし、一通りのキャラを触ってみたけど、現状の感想としては、カジュアルなゲームだなーという印象。

良く言えばストレス無く気軽に出来る。悪く言えば読み合いが浅い。
そんなゲーム。

スト4だと、例えば上級者通しの対戦で、相手が殺意リュウなら、

相手の殺意リュウのゲージが溜まった。
→相手のコンボ精度を考えて、このレベルの殺意なら中足から確実に体力半分もっていくコンボ繋げてくるだろうから中足絶対食らわないように意識だ!

と思ったら、相手の殺意が一気に間合いを詰めてきた。
→ここで焦ってしゃがみ弱Pとか出したらさらに相手の殺意がしゃがみ弱Pを潰す、しゃがみ中Pを出してくる可能性があるさらにガンガードだ!

相手の殺意はそこでおもむろに前中Kキャンセル瞬獄殺
→しまったぁぁぁぁ。瞬獄殺を意識するの忘れてたぁぁぁ。

みたいな読み合いがあるんじゃが、スト5で現状そういう深い読み合いを感じたことがないんじゃ。


sf5やろー


スト5は現状では、Vスキルがスト4のセービングほど深いものではないから、例えばリュウリュウだと、Vスキルの劣化版ブロッキングみたいなのがあるせいで、遠距離で波動拳を撃つ意味がなくなって、特に複雑な要素はないスト2タイプ(ただし遠距離波動は意味がない)という感じの試合展開になるんじゃ。

まぁ、スト4はストレス高すぎたし、こういうゲーム性と割り切って、まぁ楽しいんじゃけど、波動昇竜して、Vトリガーたまったら波動波動波動!ぐらいしか今のスト5ではできないから、対戦動画とかを見ても「おおっ!今のコンボすげぇ、今の読み合いすげぇ」みたいなのは少ないじゃろうな。

わしとしては、全部のVスキルをもっと強くして、さらにVスキルをキャラ別じゃなくて自分で選択できるようにして、もっと壊しに行って欲しいのう。


あと、レインボーミカを使ってみたら、相手もレインボーミカだったから、スト4のフォルテフォルテみたいな感じで、当然のようにお互い開幕Vスキルのマイクパフォーマンスやったけど・・・。これ、投げが即死になるんじゃな・・・。



EVO決勝 レインボーミカ対レインボミカー!
で上の動画みたいな展開になる未来が見えるぞ・・・。わしゃ知らんぞ・・・。

わしらにできることはβテストの意見を書くことぐらいじゃ。

www.capcom.co.jp